Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPSにおけるGoreのランク付け

Twitterで書こうと思ったら長くなりそうなので久しぶりにブログ書きます。
FPSにおけるGoreについて急にランク付けしたくなったので書きます。

まず、撃った時の血についてです。

ランク外 敵を撃った際に血ではなく、光などのエフェクトが出る 
ランク1 撃った際に血のエフェクトが出る
ランク2 敵のモデルに血が付着する
ランク3 敵を撃った際に敵の近くの壁や床に血が付着する
ランク4 敵を撃った際に敵から血が飛びでて、その血が広範囲の壁や床に付着する
ランク5 敵を撃った際にでた血が、天井や壁についたあと床に滴り落ちてきたりする

ランクが高くなるほどだんだん表現が激しくなります、
ランクが高いものは、低いランクの要素も持ち合わせています。
血が壁につくけど敵のモデルにはつかないゲームなども有りますが、まあ許してください

ランク外は日本のCEROのレートBかCくらいのゲームによくありますね
ESRBでレートTのゲームではランク1か2くらいが限界でしょうか
ランク3を超えると大抵Mになる気がします。


で、ここからが本番です、みんなが大好きな敵が肉片になったりバラバラになる表現についてです

ランク1 爆発系の武器などで攻撃したときに全身が砕け散ってよくわからん肉になる
ランク2 爆発系の武器などで攻撃したときに全身が砕け散って、具体的に手、足、頭など分かる感じにバラバラになる
ランク3 部位損壊が導入され、狙って撃つと腕、足、頭のみが切れて飛ぶ
ランク4 同じ腕でも手首、二の腕とか、足でも足首、膝などより部位が細かくバラバラになる、あと胴体がまっぷたつになったりする
ランク5 腹を撃つと腸がはみでたり、胸をうつと内蔵が見えたりする、あと頭を撃つと砕けて脳、目玉などがはっきり見える

頭を撃つと砕けて様子がよくわかるけども胴体をがまっぷたつにならんゲームもありますが、まあそこは許してください

CEROだとランク1の段階でZ、もしくは発売禁止になるでしょう
ランク2超えるともうきつそうです。(オレンジボックスはなんとかZでxbox360で発売できましたが)
ESRBだとランク5でもMで余裕ですが、マンハントみたいなモーションがえぐいTPSはAOになったりします。


とりあえず急に書きたくなったので書きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。